AM5:00に針路をとれ

主に艦これ、たまに閑話

ポケモンの知識がDPで止まってる人間がORやったら楽しすぎた

 

 

きっかけ

YouTubeでダイヤモンドのプレイ動画を視聴

見ているうちにプレイしたくなり、DSを引っ張りだす。

プレイしているうちに、 ORASの存在が頭に

思い切って本体ごと購入

 

f:id:riverman_k:20181008013643j:plain

 

という流れ。DP以上にRSEがピンポイントな世代でした。コンシューマーゲームのハードを、自ら買うのは人生初。モバイルゲーム機はDSとPSPで止まっていた。それぐらいコンシューマーゲームとは縁遠い年月を過ごしていたことを改めて実感。

 

殿堂入りまで

RSE時代の懐かしさと、システムやグラフィックの新鮮味が合わさって、とにかく楽しかった。ゲームで夜更かしをしてしまう経験なんて何年ぶりだろう。寝なきゃいけないとわかっていながらも、ついついプレイしてしまう。

 

殿堂入りのメンバー

ジュカイン

 

f:id:riverman_k:20181008013659j:plain

 

御三家はキモリをチョイス。RSEをプレイしていたときも、最初はキモリだったので。

持ち物がメガシンカアイテムではなく、きせきのタネなのは、メガシンカに1ターン消費するものだと勘違いしてたため。メガシンカは殿堂入りまで全く使うことがなかった。

戦う機会の多い、草・虫タイプのポケモンや、ドガースには苦労させられた。

 

バグーダ

 

f:id:riverman_k:20181008013714j:plain

 

ジュカインが苦手にする草・虫・氷タイプの対策として育てた。2番目にレベルが高い。ポケモンリーグでも3戦目とチャンピオン戦で活躍してくれた。すばやさが遅いのがネックだったので、持ち物にはせんせいのツメ。

 

ライボルト

 

f:id:riverman_k:20181008013734j:plain

 

こちらもジュカインが苦手にする飛行タイプの対策として。ひこうタイプのジムで活躍。ただ、ポケモンリーグではかみなりを3連発外した結果、何もできずに沈んでしまった。

 

ギャラドス

 

f:id:riverman_k:20181008013745j:plain

 

こちらもジュカインが苦手にす(ry

フエンジムの対策としてコイキングを釣り上げて育てていたのだが、水タイプの技を覚えるまでのレベルが遠すぎたため、結局ジュカインで強行突破。草でも等倍で通るし、レベル差でどうにかなった。

ポケモンリーグまでのひでんわざ要因(なみのりかいりき、ダイビング、たきのぼり)挑戦前にわざを作り直した。

 

ラティオス

 

f:id:riverman_k:20181008013800j:plain

 

そらをとぶ要因。ゲットできるのが、ちょうどバッジを手に入れる直前ということもあった。

りゅうせいぐんで、ポケモンリーグ4戦目で活躍してくれた。

 

マッスグマ

 

f:id:riverman_k:20181008013814j:plain

 

ひでんわざ要因。リーグ挑戦時は、グラードンのほうが活躍できそうではあったのだけれど、最初から一緒に冒険をしていた愛着もあるので、連れて行くことに決めた。ポケモンリーグでは戦闘面での活躍はなかったものの、他のポケモンの回復の時間稼ぎを果たしてくれた。

 

ジェネレーションギャップ

DPからORまで、世代が空いている自分にとって、いくつものジェネレーションギャップに驚かされた。

 

がくしゅうそうちで手持ち全員に経験値が入る

これは噂に聞いていたのだけど、実際に体感するとすごく感動した。 この機能のおかげで、幅広いポケモンを育てることができた。DPまでだと、他のポケモンの育成が面倒で、ほぼ御三家で突っこんでいた。ただ、育成が楽になった分、それ相応に相手も強くなっている気はする。

 

わざマシンが使っても消えない

これも噂に聞いていたやつ。気軽にわざマシンを試せるのは本当にうれしい。わざマシンをくれる人たちのセリフも「一度使ったらなくなるから気をつけろよ」という内容から「何度でも使えるんだぜ」と変わっていたのも笑ってしまった。あまつさえテレビナビには「なぜ使わない!使ってなんぼなのに!」と叱られる始末w

 

変わり果てたキンセツシティ

街に到着したときはあまりの変わりようにびっくりした。ゲームセンターがなくなったという噂に聞いていたのだけど、そういうレベルじゃなかった。RSEのキンセツシティは端から端まであっという間だったのに……

 

野生のポケモンに倒される

正確には忍び足で出てくるポケモン。冒険開始直後、キモリがまだ一桁レベルのときに、忍び足で出てきたスバメのレベルが15!キモリでは太刀打ちできず、ポケモンセンターに送り返される結果に。こんな経験、すべてのシリーズで初めて。ただ後々、この高レベルスバメを捕まえることができたおかげで、冒険もだいぶ楽になった。

 

見たことないポケモンたち

ORASはRSのリメイクなので、シナリオは当時のポケモンが出てくるのだが、チャンピオンロードからはトレーナーが違う世代のポケモンを使ってくる。BW、XYを全く触れていない自分としては、すごく苦労した。相性もわからないので、名前と見た目で判断するしかなかった(ググるのはなし)

 

斜めに歩ける

タイトルそのまま。

 

視点が勝手に切り替わる

これがなかなか慣れなかった、というか今も慣れない。移動中に視点が切り替わるので、位置感を把握し辛い。特に、キンセツシティやシーキンセツは大変。

 

ラクル交換が楽しい

ランダムなトレーナーとポケモンを送り合うこの機能。すごく楽しい。これだけで一日潰せる自信がある。基本はどこでも手に入るようなポケモンの送り合いになるのだけど、たまに持っていないポケモンや、世代の違う、初めてみるポケモンが届くのは興奮する。

 

最後に

殿堂入りとエピソードデルタは終わったので、あとは、行っていないところを埋めて、可能な限り図鑑を埋める。それが終わったらどうしようかな。SSHGでもやろうかな。せっかく3DSを買ったのだし、他のソフト、スマブラとかやるのも楽しそうだなあ。なんて考え中