AM5:00に針路をとれ

主に艦これ、たまに閑話

【艦これ】サーカスというより氷祭りでした。という感想

深海サーカス行ってきました。今回は初日昼公演です。


f:id:riverman_k:20190803204704j:image

 

現地に着いたのは12時頃。始発に乗って物販に行くという手もありましたが、思いの外欲しい物が無かったことと、当日はFGO Fes.とブッキングしてた*1ため混雑回避も兼ねて、遅めの出発になりました。


f:id:riverman_k:20190803182106j:image

f:id:riverman_k:20190803182133j:image

会場内にはコスプレイヤーさんがいた他、関係者のフラワースタンド、新規グッズが展示されていました。


f:id:riverman_k:20190803182745j:image
f:id:riverman_k:20190803182806j:image
f:id:riverman_k:20190803182819j:image
f:id:riverman_k:20190803182900j:image
f:id:riverman_k:20190803182927j:image
f:id:riverman_k:20190803183007j:image

肝心の一番くじのフィギュアが全く写ってませんw

後は今回の公演イラストのポスターが飾ってあったぐらいですかね*2

 

サーカス内容については、ガンビアベイ(うさぎ)を追う形で時雨・満潮・山城の3人が迷い込んだ世界で、京本政樹扮する深海磨鎖鬼率いる深海棲艦と戦う……というイメージをサーカスで表現したものでした。

 

サーカスといいつつも、曲芸の要素は薄く、想像していたよりも……ってのが本音ですかね。今回舞浜アンフィシアターに初めて行ったのですが、ステージがそれほど広くなくて、サーカスをやるにはそもそも向いていないように感じました。ステージの外側でローラースケート走者が行き交う場面が何度かあったのですが、とにかく窮屈そうでしたw

 

前述のローラスケートについては、公演中のほとんどの時間で出番がありました。深海棲艦との戦いを表現するのに使われていて、しかもサプライズで無良提督が出てきたシーンでもローラースケートで華麗な演技。これもうサーカスというより氷祭りじゃん!*3

 

後の見どころは、なぜか落ちていたラッパを時雨が吹いて友軍艦隊を呼んだり、「シズメシズメ」と「渚を超えて」をオペラ歌手の方(古橋郷平さんという方らしいです)がカバーされてたり。と言ったところでしょうか。

 

時雨がラッパを持ったときに、吹いて武器にすると一瞬思ったのは私ぐらいですかね。*4

 

f:id:riverman_k:20190803195850j:plain

 

リアイベおなじみの新情報は、インパクトの大きなものはありませんでした。強いて言えば、次回のイベントが欧州方面ということぐらいでしょうか。

 

今後も公演があるので、情報を小出しにする可能性も考えられますが、前回のズイパラと違って映像での発表だったため、望みは薄そうです。

 

公演終了後、混雑を避けるために舞浜駅から新木場駅まで歩いたのですが、これが大きな選択ミスでした。道中は橋を歩く時間が長く、太陽に長時間照らされた挙げ句、コンビニや自動販売機も全く見つからず、水分補給もできない為、熱中症になるのではないかと不安になるほど。というより、今このブログを書きながらそれっぽい症状を感じているので、多分なってます。混雑嫌い+歩くのが好きな私でも流石にやめておけばと後悔してますw

 
f:id:riverman_k:20190803194826j:image

*1:艦これは舞浜駅FGO Fes.は海浜幕張駅と、同じ京葉選

*2:先頭の画像と同じやつなので省略

*3:もっと言うなら、今回はフィギュアスケートじゃないので陸祭りと言うべきかもしれませんw

*4:画像は灼眼のシャナのプルソン、そしてこれはラッパではなくトランペット